オープンハウスにお越し下さい。
住まいづくりにご興味をお持ちの方。
まずは、オープンハウスにお越し下さい。


→オープンハウス

資金計画を立てましょう。


自分の収入と将来の支出予定などを整理して、
無理のない資金計画をたてましょう。


→こんな資金が必要です

→どのくらいの自己資金が必要なのか

→住宅ローンについて

土地探しのお手伝い
これから土地をお探しだと言う方。
「お客様にとって、いい土地」をご一緒にお探しします。


→土地探しの留意点

打ち合わせ・プラン検討
住まいについてのお考えや、希望・ご予算をお聞かせ下さい。
敷地の状況も踏まえ、基本プラン・概算見積もりを作成していきます。


→お客様の「こだわり」を形にするために 

じっくり検討
プランの内容や予算を何度も見直しながらじっくり検討しましょう。
再プラン・概算見積り検討を繰り返し、いよいよ本見積りへ。


→プランをチェック

ご契約
プラン・お見積りにご納得いただいた後、契約を行います。
またこの時に、住宅ローン等の資金計画や工程スケジュールもしっかりご確認下さい。

着工
地盤調査・建築確認申請許可を経て、工程スケジュールに乗っ取って着工、工事を進めて行きます。
気になるマイホーム。工事中も是非ご見学下さい。


竣工・お引渡し 
建築確認完了検査・最終社内検査後、お引渡しを行います。
メンテナンスや各種機器の取り扱いについても、しっかりご説明致します。



アフターメンテナンス
これから、住まいのパートナーとして責任を持ってお付合いさせて頂きます。
ジャパンホームシールド鰍ニの提携による高品質住宅保証システムで瑕疵担保保証も安心です。
お客さまと加藤工務店の、ながーいお付き合いの始まりです。

 



<こんな資金が必要です>

1土地を購入する費用 … 土地代金・仲介手数料など
2家を建てる費用 … 設計費・建築工事費・外構工事費など
3その他の諸費用 … 印紙代・登記費用・不動産取得税・住宅ローン保証料など


<どのくらいの自己資金が必要なのか>

一概には言えませんが、多くの金融機関は貸し出しの上限を「物件価格の8割まで」としています。
また、家を建てるには土地代金・建築費の他に、印紙代や手数料・登記費・保険料などの諸経費を現金で用意しなくてはなりません。これが新築の場合、土地・建物の価格の3〜5%と言われています。
たとえば、2,500万円の家を購入する場合500万+125万=625万の自己資金が目安となります。


<住宅ローンについて>

まず重要なポイントとして、借り入れをする金額は「借りられる額」ではなく「無理なく返せる額」と考えましょう。
住宅金融公庫が、個人向けの融資を廃止するのに伴い『フラット35』が登場しました。
『フラット35』は、公庫と銀行が提携した住宅ローンで、最長35年間の長期固定金利が特徴です。融資の条件などは、どの銀行で借りても同じですが、金利や手数料は銀行によって少しずつ違います。また、それぞれの銀行が独自に扱っている「変動金利型」や「一定期間固定型」のローンとの組み合わせも可能です。
「長期固定金利型」では返済額が一定しているため、返済計画が立てやすいというメリットがある一方で、もし金利が下がった場合でも同じ額を払い続けなければならないというデメリットもあります。「変動金利型」ではその逆のメリット・デメリットが起こります。

毎月の返済額(固定金利3.0%元利均等ボーナス払いなし)の目安


<土地探しの留意点>

加藤工務店では土地のご紹介をしています。
「いい土地」は人によって様々です。目には見えない地盤のことや、周囲の環境、ライフスタイルにマッチしているかどうか…。どうぞ、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ先 0120-19-0505  担当:加藤隆子


土地探しの留意点をいくつか挙げておきましょう。

1.上下水道・電気・ガスの整備状況 … 売主負担か買主負担か
2.道路・隣地との関係 … 私道負担等の有無、高低差・水はけの状態
3.地盤の強度 … 盛り土か切り土か
4.土地の方向 … 日照・風通し
5.学校・病院・スーパーへの距離 … お気に入りの校区は?
6.周囲の交通量 … 利便さと騒音・安全面
7.法律による建築の制限 … 都市計画法・建築基準法等

 


<お客様の「こだわり」を形にするために>

ご自分の意見・こだわりがどこまで注文できるのか、どこまで形になるのか不安…と、感じられたことはありませんか?私たち加藤工務店は、

1.地元密着の工務店です。
お客様の身近な存在として、細やかなご希望や注文にお答えし、敷地の形状や環境にも十分対応したアドバイスをご提供します。

2.設計・施工を一貫しておこないます。
お打合せから着工・引渡しまで担当者が替わることはありません。安心してご相談ください。

3.決まったプランをご用意しておりません。
お一人お一人のお客様に合ったお住まいを、一から考えます。
お客様に本当に喜んで頂くために、私たちスタッフは全力でお手伝いします。


<プランをチェック>

■ライフスタイルに合っていますか。
どんなに素敵に見える家でも、家族の実情に合っていなければ、住みづらい家になってしいます。
部屋を区切る前に、一度思い込みを取り払い、どんな使い方ができるかを自由な発想で考えて見ましょう。


■生活動線を考える。

あなたの家族は、朝起きてから夜寝るまで家の中でどんな動きをしているのでしょう。部屋から部屋への距離、通路や出入り口の幅…。一人ひとりの立場になって考えてみましょう。
生活動線のいい間取りは、暮らす人のからだに優しい間取りです。


■光と風

日当たりと風通しは、家族とお家の健康にとって、とても大切です。
風の通り道を考慮し、家族が長い時間を過ごす日当たりの良い部屋と、収納など日が当たらなくてもよい部屋をうまく配置するようにしましょう。
また、隣地や道路からの目線も考慮して窓の位置・大きさを決めましょう。


■大切な家具も家族の一員です。

これからもずっと大切に使いたいお気に入りの家具や、ついに買った憧れの家具。
実際に入れてみると「大きすぎて部屋が狭くなった。」「入り口や窓をふさいでしまう。」…こんなこともしばしば起こります。手持ちの家具や購入予定の家具がある場合は、あらかじめちゃんと置き場所を考えてあげましょう。


■将来の変化も予測して

現在の家族にとって住みやすい家が、5年先、10年先も同様であるとは言い切れません。子供たちは大きくなるし、自分たちも年をとります。家族の人数も変化します。
将来のことも考えて、間取りの仕切り・広さ・段差を工夫しましょう。




▲TOPへ戻る



Copyright (C) 2007 kato-koumuten All Rights Reserved.